×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



デビットカードの紹介

デビットカードは、クレジットカードのような機能を持っています。
クレジットカードと異なる点は普通口座の預貯金から支払われるので
借金をすることがありません。

クレジットカードの用に若干ではありますが、ポイントも付与され、
貯まると現金に還元できたりします。

また基本的に、年会費等の利用料はかかりません。

デビットカードは、都市銀行や地方銀行、ゆうちょ銀行で発行されています。(J-Debit)
ネット銀行では、VISA加盟店でつかえるVISAデビットカードも出てきています。
(スルガ銀行、楽天銀行)

近年、電子マネーのEdyが普及していますが、同時にデビットカードも
普及が広がりつつあります。

当サイトでは、デビットカード、VISAデビットカードの紹介を行います。

(2016年1月8日、現在大幅修正中))
スポンサード リンク

サイトマップ

デビットカードの紹介(TOP)/ デビットカードとは/ デビットカードは2種類ある/
J-デビットの説明/ VISAデビットカードの説明/ デビットカードの作成/
デビットカードの年会費・手数料/ 郵便局のJ-デビットカード/ リンク集

デビットカードについて(概略)

当サイトは、デビットカードを紹介したサイトです。J-デビットカードの作成は、ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行、三井住友銀行などのメガバンクはもちろん、地方の福岡銀行や滋賀銀行、北海道銀行などのシティ銀行でも作成は可能です。VISAデビットカードが導入されたのは、近年ですが、利用者は増加傾向にあります。EdyやSUICAと共に今後も需要は増えていくと思われます。かつては、マスターカードのデビットカードが東京スター銀行で発行されていましたが、現在は新規募集を停止しているようです。 VISAデビットカードはクレジットカードのVISAカードとほぼ同じように使うことができ、イーバンク銀行、スルガ銀行のVISAデビットカードで発行しています。VISAデビットはAmazonや楽天のオークションでの利用機会が多いのではないでしょうか。VISAデビットカードでゴールドカードを発行している銀行もあります(イーバンク銀行)。年会費は3000円程度ですが、発行手数料は無料です。VISAデビットカードは、アメリカ、ヨーロッパなどの海外のVISAのATMで現地通貨でキャッシングできるサービスがあります。日本ではまだ一部しか実装してないようです。 デビットカードの魅力は、限度額が自分自身の持っている口座分なのが魅力的です。また使い方もクレジットカードとほぼ変わりなく使うことができます。 当サイトで、デビットカードの利用方法や仕組みJ-デビットとVISAデビットの種類の違いなどを学んでいただければ幸いです。またリンク集には、J-debitの加盟店や利用できる金融機関等も載せてあります。それでは、ごゆっくり閲覧ください。

メインメニュー

スポンサード リンク